業者な依頼する前に|凍てつく冬に給湯器が壊れたら|修理してあったまろ
風呂

凍てつく冬に給湯器が壊れたら|修理してあったまろ

業者な依頼する前に

作業スタッフ

チェックすべき点とは

給湯器が故障してしまうと、お湯をわかすことができないためお風呂に入ったり温水をだしたりすることができません。給湯器の耐用年数は十年といわれていて、それを超えると故障することも増えてきます。いざという時あわてなくてすむように、普段からどうしたらいいかを知っておくことは大切です。給湯器の故障といっても、実は自分で治せるものもあります。お湯が出ない、水がでないという事象の原因は断水や何らかの装置が外れていただけという場合もあります。業者に連絡する前に、そうしたチェックポイントを知っておきその点を調べてみるとよいでしょう。ガス会社のホームページなどにチェックポイントが乗っていることは多いので、故障する前に確認してみるとよいでしょう。

業者の選び方が重要

本当に給湯器が故障していた場合は業者に依頼して修理してもらうか交換、購入しなければなりません。このとき、依頼先は三種類あります。ガス会社、給湯器メーカー、給湯器販売会社です。ガス会社、給湯器メーカーは本体やガスの検針表に連絡先があるので依頼しやすく、気持ち的にも安心という人が多いです。確かに確実に交換してもらえますが、高くつくこともあります。給湯器販売会社は、様々な給湯器から安いものを選んでくれるため、コストが抑えられます。しかし業者はピンキリなので、よく業者を吟味して信頼できるところかチェックしなければなりません。電話したときの対応や、保証内容、保証期間などをチェックして決めるとよいでしょう。